プロジェクト概要

コラボレーションによる高いレベルのデザインの実現

NC社本社移転に伴うメインエントランス(受付)及びサービスセンターのトータルデザイン・設計・施工を担当いたしました。事業主様からは、会社の「顔」としての信頼感や上質感に加えて、「エコロジー」への取り組みを感じさせる場としてのメインエントランスとして欲しいとの要望をいただきました。この要望を踏まえ、デザイン提案のキーワードとして、「信頼」・「おもてなし」・「エコ」の3つを抽出し、全体のコンセプトを纏め上げました。
コンセプトは「人工物と自然の融合」。「ビル」という人工物の管理を主な仕事とする企業でありながら、ビル単体だけではなくその周辺環境までもトータルでマネジメントしている事業主様のスタンスに共鳴したコンセプトとなっています。本プロジェクトのデザイン提案にあたっては、オフィスフロアを担当した他社デザイナーとのコラボレーションを実現。当社デザイナーがメインデザイナーとして総合監修を行うことで、他社デザイナーの提案を上手く組み入れながらより高いレベルでのデザイン提案を行うことが可能となりました。本プロジェクトは2010年日本ディスプレイデザイン賞に入選。事業主様をはじめ関連各社様から高い評価をいただきました。

自然の情景を感じさせるデザイン

全体のカラーは、自然を感じさせるアースカラーのトーンで統一。各種マテリアルについても自然環境を感じさせるデザインを加えています。メインエントランスの受付カウンターには天然石を使用。カウンターを取り囲むように門型形状の開口部を用いることで視認性を高めると同時に、適度な重厚感を感じさせることで、会社としての「信頼感」と「おもてなし」の雰囲気を同時に表現しています。床面については水の波紋をイメージしたタイルカーペットを使用しており、エントランスから続くサービスセンター内(会議室)では、水の波紋のタイルカーペットとアースカラーのタイルカーペットを組み合わせて張ることによって、水辺から陸そして森林へと続く自然の情景を表現しています。エントランスのガラス壁面に積み上げられた丸太は、NC社が北海道に所有する森林の間伐材を使用しており、積み重ねられた丸太で「エコロジー」への取り組みを感じさせると同時に、NC社グループとして新しい価値をこれからも積み上げて行こうとする企業理念を表現しています。

デザイナーの声

三井デザインテック
ソリューション推進部
デザイナー
梅岡佐知子

今回のプロジェクトでは、デザイン提案から施工、竣工に至るまでの「プロセス」を一番評価していただきました。他社デザイナーとのコラボレーションのプロジェクトでは、どうしても互いのデザインコンセプトや提案内容のせめぎ合いとなることが多くなりがちですが、当社が全体をマネジメントさせていただいたことによって、互いの良い部分を引き出しあって、結果として事業主様のイメージを超えたデザイン提案ができたと考えております。

物件概要
担当 営業    ビルディング営業部   京極正樹
デザイン  ソリューション推進部  梅岡佐知子
工事    ビルディング営業部   清水哲
お問い合わせはこちら