プロジェクト概要

短い工期を複数のデザイナーのチームワークでカバー

某金融系企業本社移転プロジェクト。基本コンセプト提案からデザイン、実施設計、一部施工を担当しました。4000坪を超える大型のプロジェクトでありながら、全体工期としては非常に短い期間での実施となりました。コンセプト及びデザイン提案期間についても短期間で纏め上げることを求められ、複数のデザイナーが手分けをしてデザインを担当。個々のデザインの良い部分は残しつつ、全体としての整合性や事業主様のニーズにこたえていくためのデザインとなるように修正を重ねていきました。企業としての「信頼感」や「上質感」をコンセプトとして設定。事業主様がCSR活動として全国各地の学校、企業、団体等へ苗木をプレゼントする活動を行っていらっしゃることから、「ナチュラル」をもうひとつのコンセプトとして加えました。デザインに当たっては、女性社員が全体の60%を占める企業であることも考慮し、コンサバティブかつ全体的にやわらかく明るい雰囲気となるようにコーディネートを行いました。

「本物」の素材を使い、空間としての上質感を演出

企業としての上質感を表現する為、マテリアルについてはメンテナンス性を考慮したうえで可能な限り「本物」の素材を使うことを心がけました。床・壁面には天然石のタイルを使用しています。受付カウンターにも天然木の突板を使用しています。受付正面のアクセントウォールは、水の流れを表現した3枚の特殊な合わせガラスでグリーンを囲みライティングを施すことによってより印象的な雰囲気を作り出しています。ロビーに置かれたアートのようなスツールは、自然の小石をそのまま大きくした著名デザイナーの作品。受付空間全体のアクセントとして必要不可欠な存在と判断し採用することとしました。今回のプロジェクトにおいては、一つ一つのマテリアルやデザインについてきちんとした理由付けや世界観を持たせていくこと、空間をあえてデザインをしすぎない事によって、結果的に事業主様をはじめ関連各社様から高く評価され、日本ディスプレイデザイン賞に入選することができました。

デザイナーの声

三井デザインテック
ソリューション推進部
デザイナー
横川順子

今回のプロジェクトの進行に当たっては、複数のデザイナーの意見をすり合わせ、クライアントのニーズにデザインを最適化していくことが最も難しいポイントでした。また限られた時間のなかでのデザイン、実施設計、現地での施工のプロセスにおいては、デザイナーだけでなく設計担当者、現場担当者との連携も欠かせませんでした。結果としては高いレベルで成し遂げることができ非常に満足のいくプロジェクトでした。デザインだけでなく、実施設計、施工管理までトータルで対応できる当社ならではの強みを最大限に発揮することができたプロジェクトであったと思います。クライアント様からも非常に高い評価をいただいており、新しい業務のお声掛けなどもいただいております。

物件概要
担当 営業     ビルディング営業部   佐野英二、京極正樹
デザイン   ソリューション推進部  山口昭彦、横川順子、黄明奕
お問い合わせはこちら

「オフィス」の他の事例