Designworks

特別養護老人ホーム「うらやす」

物件概要
概要 特別養護老人ホーム「うらやす」は、震災で全壊した後、2013年9月に沿岸部から市内へ場所を移し事業を再開。
平屋だった施設は低層棟(デイサービス棟)と高層棟(特養ホーム棟)の他、内科クリニックも併設した複合施設へと生まれ変わった。
低層棟は「駅舎」をキーワードに居住者や外来患者、家族等様々な人々がただ「行き交う」のではなく、顔を合わせ「集まれる」地域のシンボルを目指した。高層棟は9つの居室「家」が集まりユニット「家族」を形成し、繋がる暮らしができるよう「古き良き家」のような和洋折衷の空間づくりをした。
担当 ソリューション推進部 三浦 圭太/平田 裕亮/春日 珠美
請負内容 内装設計・デザイン監修/FFE設計・納品
竣工年月 2013年 8月
受賞・メディア掲載歴 ■ DSA賞入選
お問い合わせはこちら