プロジェクト概要

開業にいたるまでトータルにサポート

医院開業関連セミナーにて、お客様よりご相談をいただいてスタートしたプロジェクト。当社営業担当者が開業地域選定からテナント物件アテンドまでを行い、結果として工事についても特命で受注することとなりました。内装の設計及び各種什器関連、サイン関係のデザイン、工事、開業に至るまでトータルでサポートを行いました。
事業主である病院長はもともとインテリアや絵画に関心をおもちで、空間デザインに対してのニーズとしては、来院される方が病院と感じないような空間、お手持ちの絵画を来院される方に楽しんでいただける空間にしてほしいとオーダーをいただきました。

やさしい空間デザインで来院される方の心理的負担を軽減

平面計画設計時に慎重に考慮を重ね、各種の動線を上手く確保することが出来ました。建築構造上内部空間には柱型の凹凸が各所に見られましたが、曲線の壁面を多く用いることで空間全体をやさしい雰囲気に纏め上げました。コーナー部分は柱型を利用し「ニッチ」を設置。空間のアクセントとしています。
来院される方の心理的不安を少しでも解消出来るよう、各種什器・家具・建具類には木製のものを採用することで、家庭的なやさしい雰囲気を演出。空間全体がやわらかい雰囲気になるよう配慮しています。実用面においては、メンタルクリニックとしてプライバシー保護を重視し、音モレ防止の為区画壁についてはすべてグラスウールを入れるなどの対策を施しています。

デザイナーの声

三井デザインテック
商空間営業部
デザイナー
鶴岡幸恵

竣工後、院長先生より期待以上の出来であるとの評価をいただき、大変うれしく思っております。今回の案件で苦労した点は、院長室としてできるだけ高い天井の高さを確保しつつ、収納スペースも確保する為、この物件のもともとの天井高を生かして院長室の下に納戸を設けたことです。両方の問題を解決する為のアイデアとしてよかったと思っております。また、家庭的な空間を演出する為、一般的に病院で使われるようなアイテムはあえて使わず、ローマンシェードやパーソナルソファなど個人住宅で使われるインテリアアイテムを主に提案しました。

物件概要
担当 営業    商空間営業部 吉野恭男
デザイン  商空間営業部 鶴岡幸恵
工事    商空間営業部 江渡昭
お問い合わせはこちら